75オリゴ糖を摂り続けて太りませんか?

【ご質問内容です】

このオリゴ糖を飲みはじめてからお陰様で調子もよく大変感謝しております。

ひどい便秘症の為、朝はヨーグルトに2杯入れて、夜は2~3杯お湯やお茶に溶かして飲んでおります。

このまま毎日摂り続けても太らないでしょうか?量が量だけに心配です。

「オリゴ糖で多く摂って太るのか」の回答

いつもご愛用いただきありがとうございます。

結論から申し上げますと、この75オリゴを摂っても太る心配はありません。

この商品を紹介して10年以上になりますが、「摂り過ぎて太ってしまった!」というクレームは一度もありません。

中には摂り始めてから2キロ減の方もあり、「ダイエット効果もあるのですか?」と質問されたり「ポッコリお腹が解消できました。」という嬉しい体験の声もいただいてます。

一時的に数キロ体重が増えることがあるかもしれませんが、これは腸内環境が整うことで消化吸収がよくなっている症状で、その後落ち着いてきます。

実際に砂糖ほどではありませんが甘い味で、商品のラベルをみますと100g中のカロリーが225kcalとなっており、太るのでは?と心配されるでしょうが、しかしこのカロリー数値、健康によい代謝アップのエネルギー源が含まれているのです。

詳しくは下記をご覧ください。

エクセレント75オリゴは太らない体質を作る!?

では、この75オリゴ糖を摂ってもなぜ太りにくいのか詳しく説明いたします。

100g中のカロリー

225kcolが意味するものとは

この製品の内容は、ラベル(画像)の表示通り、水分が25gと炭水化物75g(内ガラクトオリゴ糖56.25gと乳糖他)の配合となっています。

ガラクトオリゴ糖は難消化性の糖質で、水溶性食物繊維的な特長があり、胃や小腸で分解吸収されることなく大腸に届きます。

消化されずに大腸まで届いたオリゴ糖はどうなるのでしょうか?

大腸には沢山の多種多様の腸内細菌が棲んでおり、その中の善玉菌であるビフィズス菌によってオリゴ糖は発酵されます。

ビフィズス菌の増殖と発酵を繰り返すことで、乳酸や酢酸(お酢)などの短鎖脂肪酸が産出されます。

この短鎖脂肪酸が吸収されて、腸管細胞や体細胞のエネルギー源になるのです。

下記の解説図をご覧いただければわかりますように、ご飯や糖質は単糖で吸収されたカロリーに、オリゴ糖の場合は、短鎖脂肪酸で吸収されたカロリーなります。

エネルギーになる仕組み

短鎖脂肪酸の効果

便通改善、免疫力の向上、疲労回復、肥満防止、内臓脂肪や血中脂質の低下、肝機能の予防、血液の浄化、美肌、ホルモンの生成などがあり、健康増進や代謝アップに役立つ栄養成分です。

お酢をイメージしていただければ健康によいことはご理解いただけると思います。

このような効能から、オリゴ糖を摂ることで太らない体質を作っているのです。

また、エクセレント75オリゴはガラクトオリゴ糖以外に原料である乳糖が多少含まれています。
オリゴ糖ほどではありませんが分解吸収されにくい糖質で、大腸まで届くと有用菌のエサとなって同じように発酵されて短鎖脂肪酸になります。

以上のご説明から、100g中に225㌔カロリーと表示してありますが、この数字全てが普通の食事から摂取しているカロリーとは異なるエネルギー源が含まれている数値なのです。

 

また太りにくい食材選びの目安としてGI値があります。

これは血糖値の上昇スピード値ですが、ダイエット食材として推奨されているGI値は55以下と言われてます。

エクセレント75に含まれる成分のGI値をご覧ください。

ガラクトオリゴ糖のGI値:10
乳糖のGI値:46

この75オリゴを毎日飲んでも太る心配はありませんので、どうかご安心ください。